運用スコア

RPSPにおけるこれまでの運用実績を下記表に示します。注意点としては、「事前割り当てブロック数」はCardanoによってランダムに割り当てられるため完全に運であるということです。これはROSに影響ありません。ROSは年間を通して5%程度に必ず収束します。

委任プールを選ぶ上で重要な指標は、「ブロック生成成功率」です。たとえ、運よく多くのブロックを割り当てられたとしても、サーバの不具合によってブロックを生成できなければROSが下がります。これまでRPSPでは、適切にサーバを運用・保守し、割り当てられたブロックは可能な限り全て生成できました。つまり、「ブロック生成成功率」がほぼ100%であるということです。プール選びにおいては、この「ブロック生成成功率」を確認することを推奨します。

エポック委任量事前割り当て
ブロック数
期待値幸運指数ブロック生成成功率ROS
3048.9M9個8.1個111.11%100%4.86%
3038.9M6個8.09個74.17%100%3.11%
3028.9M9個8.08個111.39%100%4.87%
3018.9M4個8.08個49.5%75%(※1)1.41%
3006.9M7個8.07個86.74%100%3.72%
2996.9M4個6.32個63.29%100%2.55%
各エポックにおけるJSP運用のスコア
※1:stolenによるブロック生成失敗でありSPO側で制御不能
※2:ghostedによるブロック生成失敗でありSPO側で制御不能

運用プール基本情報

ティッカー:RPSP
名前:RIPI Stake Pool
プールID:5ca3c3845af455c22b8b8c0afcbe473be44e164f664ac5f0a2950c24
固定費:340ADA
変動手数料:0%
誓約金:1ADA
委任報酬:年利換算で約5%

最大限の利益を還元

皆さんに利益が最大限になるよう、当プールでは、コスト、手数料共に、最も低く設定してあります。コストの設定は、プールの運営者が340ADA以上から、自由に設定を行うことができます。当プールでは、最小値の340ADAとなっており、手数料は0%と、委任して頂く皆さんに、最大限の報酬を還元いたします。

アップデート時には影響を精査

cardano-nodeのアップデートに対しては、当プールでは、ただちにバージョンアップはせずに、一定期間アップデートの影響を検討してから対応を行います。これにより、アップデートによる初期の不具合がないか、あるいは、何らかの不都合がないかを確認し、安全にアップデートを行うことができます。

ブロック生成時間外にアップデートを実施

アップデートはブロック生成時間外に実施します。アップデートと、ブロック作成のタイミングが被らないため、ブロック作成によって獲得できる報酬に、影響はございません。また、アップデート時は、事前にアナウンスを行います。

監視ツールにて常時監視

プールの稼働状況は、管理者が常に監視ツールで監視をしています。そのため、異常が発見された場合、即座に対応を行うことができます。皆さんにご迷惑をおかけしないよう、プールの安定的な運営に努めております。

AWS(AmazonWebService)を使用

サーバーには、AWS(Lightsail)を使用しているため、高速な通信と、強固な堅牢性を提供することができます。AWSは最も高いセキリュティ基準であり、常に最新のセキュリティが施されています。障害発生時には、迅速な対応を行うことができ、安心してご利用いただけます。

実績あるエンジニアが透明性を持って運用

ステークプールサーバのOSはLinuxであり、私が最も得意とするOSです。また、過去に某大手コンビニの業務システムの運用・保守を5年実施していた経験もあり、安定してサーバを運営してまいります。また、プールの稼働状況や報酬支払いについて、随時当ホームページやtwitterにて報告いたします。